原因と予防法を知る | バルシビルはヘルペスの症状によく効く薬です
オレンジ色の薬

原因と予防法を知る

ヘルペスのタイプはさまざま存在しますが、特に口唇ヘルペスについては非常に多いタイプだといえるでしょう。
では人間はどうして口唇ヘルペスにかかってしまうのか?
どんな人もいつのまにか口唇ヘルペスが発症していたということが多いはずなので、今回は感染源となるものについて話したいと思います。

基本的に口唇ヘルペスという症状は、人から人に接触することで簡単にうつります。
もし口の周りに水膨れができている場合、そのまま人にキスをしたり頬ずりをすれば高確率で感染してしまうでしょう。
また親密な関係であればその分うつりやすいことがいえますが、例外として皮膚が分厚い人は感染しにくくなっています。
しかしながら傷があったりアトピーなどがある場合は、各層のない粘膜に触れることで残念ながら感染してしまうことがあるので要注意です。

そしてヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスは、感染力が強いのでタオルやグラスといったものからも感染してしまいます。
つまり家族で共有している場合は、ヘルペスの感染に注意しないといけません。

ではできるかぎり防止するにはどうすればいいのか?
もちろんバルシビルを使えば感染してもバルシビルのおかげでなんとかなりますが、やはりそれ以前にバッチリと対策しておくべきだと思います。
だからとりあえずは、患部に触れた場合すぐに洗い流すことが大事です。
そして唾液や精液といった部分からも感染するので、キスしたりオーラルセックスをすることは絶対に避けてほしいところです。
そうすれば誰でもヘルペスウイルスに感染することを防げるようになるでしょう。
ただ念のために、バルシビルは用意しておくべきだと思います。